小豆むつ子ボタニカルアートギャラリー(植物画ギャラリー)
小豆むつ子について ボタニカルアートとは? ボタニカルアート教室 作品ギャラリー


大人のための「塗り絵」ブック
大人のための「塗り絵」ブック
<宝島社>



スケッチから始める簡単!植物画
<宝島社>



大人のための「塗り絵」ブック
大人のための「塗り絵」ブックvol.2
<宝島社>



  北海道・足寄町にて、ラワンブキとともに。

 鹿児島県に生まれる。
 15才までを鹿児島で過ごし、その後京都、兵庫と移り住み、
 現在の兵庫県加古郡稲美町、そして篠山市へと至る。

 四十代で二度の大病に見舞われ、
 長い闘病生活の末に、すべては“現在(いま)”であると気付く。
 回復後、かねてから興味を抱いていた『ボタニカルアート』を
 本格的に志し、描きはじめる。
 現在は、教室を開きながら自宅アトリエにて創作活動に励む毎日。

 創作活動時のBGMは、もっぱら松山千春。
 絵画の他には、自宅横の菜園にて
 野菜づくりに精をだすのが大きな楽しみでもある。

 ●日本園芸協会ボタニカルアーティストの会
 ●兵庫県植物誌研究会
 ●兵庫県立人と自然の博物館ひとはく地域研究員

 【主な活動履歴】

 2002年 日本園芸協会創芸展 受賞

 2006年 
 とっておきの植物画
  第一部:植物画を描く人のための植物学入門
  第二部:ノアザミの花の観察  
  (兵庫県立人と自然の博物館・No.1共生のひろば)に発表
  ※PDFでのダウンロードはこちらをクリックしてください。

 兵庫県立人と自然の博物館名誉館長賞 受賞 詳細はこちら
 財団法人公園緑地管理財団「緑・花文化の知識認定試験」2級(2001年取得)

 2007年 
 万葉の植物ーとっておきの植物画Ⅱー
  (兵庫県立人と自然の博物館・No.2共生のひろば)に発表
  ※PDFでのダウンロードはこちらをクリックしてください。

 2008年 
 ノアザミの雌株に関する研究
  (兵庫県立人と自然の博物館・No.3共生のひろば)に発表
  ※PDFでのダウンロードはこちらをクリックしてください。

 2009年 
 ノアザミ(キク科)の開花期にみられる小花の形態変化
 ー雌株と両性株の比較ー(人と自然の博物館・No.20紀要)に発表
  ※PDFでのダウンロードはこちらをクリックしてください。

 2011年 
 センニンソウ属は本当に蜜を分泌しないのか?
  (兵庫県立人と自然の博物館・No.6 共生のひろば)に発表
  ※PDFでのダウンロードはこちらをクリックしてください。

 2012年 
 新たに見つかったノアザミの雌株の混成3集団
  (兵庫県立人と自然の博物館・No.7 共生のひろば)に発表
  ※PDFでのダウンロードはこちらをクリックしてください。

 2016年 国立科学博物館主催 第32回植物画コンクール 準佳作

 2017年 
 東京書籍株式会社主催 2016年度「第9回東書フォトコンテスト」において
 理科部門 奨励賞を受賞
 (作品名「ニホンカナヘビの交尾から孵化まで)


 【著書】
 大人のための「塗り絵」ブック (宝島社)
 スケッチから始める簡単!植物画(宝島社)
 大人のための「塗り絵」ブックvol.2(宝島社)


 【その他実績】
 2015年 ノーベル製菓「のどタブ」パッケージへハーブ画を提供
 

 2006年 心に残る和の年賀状(impressムック)へ作品を提供

 小豆むつ子のボタニカルアートへの想いは
 こちらにてご覧いただけます。



【ご連絡先】小豆むつ子アトリエ M.A.工房
兵庫県篠山市宮ノ前(アトリエほおの木)
メールアドレス info@azuki-mutsuko.com